コーチングビジネス

これが集客できないコーチの大きな勘違い!




今回は、

『これが集客できないコーチの大きな勘違い!』

という内容でお伝えします。

たくさんのコーチがSNSで情報発信を頑張っています。

私もSNSでの情報発信を頑張っているので、

SNSでどのようにすれば集客できるのか、

日々工夫を凝らしています。

そんな中で、

どうしても気になってしまうのが、

どれだけ「いいね!」の数が集まったかになるでしょう。

「いいね!」の数で、

自分の発信している情報の価値が決まってしまうように
思える。

私もそのように思ってしまう時期が長く続きました。

しかし、

結論から言えば、

その考え方は間違っていることをお伝えしたい!

SNSの情報発信で一番大切なことは、

どれだけのメルマガ登録者を獲得できるかということ。

それが一番大切な目的であり、

ぶっちゃけて言えば、

1日に1つも「いいね!」がなかったとしても、

メルマガ登録者を獲得できていれば、

それで目的を果たしたことになり、それが正解!

私のXやfacebookの投稿を見てもらえば、

分かる通り、

◆X

◆facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100046279083419

「いいね!」なんて、ほとんどありません。

でも皆さんは私のSNSを見られているきっかけで、

メルマガ登録されている可能性が高い。

ということは、

「いいね!」があれば、

メルマガ登録者を獲得できるとは限らないことになる。

その反対で、

「いいね!」がないほど、

メルマガ登録者を獲得できているかもしれない、

その理屈も否定はできない。

結局は、

「いいね!」とメルマガ登録者の数の間には、

明確な相関関係はないと考えた方が適切でしょう。

では、

メルマガ登録者を獲得するために
何が大切になるでしょうか?

それは、
有料級の情報を提供できているかどうか。

その一言に尽きる。

分かり易く説明するために、

こうイメージして欲しい。

例えば、

あなたの投稿に対して、

「いいね!」ボタンを押す度に、

1円支払わなければ課金制となれば、

どれだけの「いいね!」を集めることができるか。

今までたくさん「いいね!」を集めていた人でも、

課金制になれば、

「いいね!」は一つも集まらない可能性がある。

つまりのところ、

そんな情報発信は有料級ではないということなる。

そう考えるのが適切であり、

メルマガ登録する際には、

自分の名前やメールアドレスを相手に伝えることになる。

個人情報を提供することになるので、

有力級の情報でなければ、

メルマガ登録されることはないと思って良い。

なので、

「いいね!」の数を気にしても全く意味はない。

それよりも、

「いいね!」なんか完全無視して、

「いいね!」が全くないほど、

思いっきり尖った情報発信をすれば、

メルマガ登録者を獲得できると思っても良いくらい。

万人受けしないよう、

多少嫌われても、批判されても良いので、

本質さえ外していなければ、

遠慮なくズバリ情報発信する方が、

明らかにメルマガ登録者を獲得し易くなるということ。

ぜひこのことを忘れずに、

SNSでの情報発信に取り組んでみて下さい!

少し意識することで、

成果は大きく変わってくるかもしれません!

皆さんの成功を心から応援しています!




あなたの周囲になぜ稼いでいるコーチがいないのか?前のページ

稼いでいるコーチから学んでいますか?次のページ

関連記事

  1. コーチングビジネス

    なぜあなたが今コーチングで稼げていないのか?

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「なぜあなたが…

  2. コーチングビジネス

    なぜ売れる仕組みが必要なのか?

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「なぜ仕組みが…

  3. コーチングビジネス

    この3つの習慣があれば成功しない

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「この3つの習…

  4. コーチングビジネス

    稼ぐことから逃げるな

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「稼ぐことから…

  5. コーチングビジネス

    コーチングビジネスの成功法則

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「コーチングビ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    ブログの必勝ステップ
  2. コンフォートゾーン

    コンフォートゾーンを広げる秘訣
  3. お金と時間の自己投資

    なぜお金で時間を買う必要があるのか?
  4. お金と時間の自己投資

    先行投資を怠るとやってくる未来
  5. ゴール

    ゴールに向かっていくことは不正解
PAGE TOP