コーチングビジネス

人の役に立つ情報発信ではコーチングで稼げない




皆さんこんにちは!
小倉です。

今回は、

「人の役に立つ情報発信ではコーチングで稼げない」

の内容でお伝えします。

皆さんはコーチングビジネスで
どのような情報発信をしていますか?

情報発信の際に
何か心掛けていることはありますか?

そもそも何の目的で
情報発信をしていますか?

「人の人生を変えてあげたい」
「人の役に立ちたい」

それはそれで素晴らしい心掛けです。

ただし、

コーチングビジネスで成功したければ
人の役に立つ情報発信は当たり前です。

人の役に立った上で、

「この人にお金を払ってでもついていきたい」

と思わせるような、

金銭的価値の高い情報発信ができなければ、

プロのコーチとしては失格です。

ではどのような情報発信に
クライアントは高い金銭的価値を
感じるでしょうか?

それは、

コンフォートゾーンの外側から
今まで気づかなかった大切なことを
教えてくれる情報発信です。

スコトーマとなって
今まで見えなかった本質をズバリ
突いてくれる情報発信です。

それが、

金銭的価値の高い情報発信です。

ズバリと本質を突かれるとは
目から鱗が落ちると言い換えても
いいかもしれません。

私は、

これを、

「どんでん返しの情報発信」

と呼んでいますが、

意識を180度変える情報発信です。

コーチングスクールで認定や資格を
取得したコーチの9割以上は、

ビジネスに対して
大きなスコトーマを抱えています。

コーチングスキルには注目がいくが
売れる仕組み作りに目が届きません。

例えば、

コーチングスクールのホームページを
見たとします。

稼げていないコーチは
新たなコーチングスキルに目が届きます。

稼げているコーチは
コーチングスクールのマーケティングに
注目します。

稼げているコーチは、

コーチングスクールが、

どんなペルソナの顧客に
どんなキーワードを使って
どのように購買意欲を起こしているか、

マーケティングを中心とした
売れる仕組み作りに着目します。

稼げていないコーチは
コーチングスキルを向上すれば
クライアントを獲得できると思っているので、

マーケティングを中心とした
売れる仕組み作りには着目しません。

新たなコーチングスキルだけに目が行きます。

この両者の考え方の違いが
コーチングビジネスの成功の明暗を分けています。

稼げるコーチは売れる仕組みを学び
クライアントを継続的に獲得できるようになり、

本番のコーチングセッションを通して
コーチングスキルを大きく向上させていきます。

稼げないコーチは売れる仕組みを学ばず
クライアントを獲得できず、

本番のコーチングセッションの機会さえ
与えられません。

どちらが成功するかは明らかです。

というように、

対照的な両者を比較する情報発信をして、

自分がどちらに属していて
本来あるべき姿はどちらになるか
分かりやすいように説明していけば、

あなたの将来のクライアントは
何が間違っていて、何が正しいのか
明確に分かるようになります。

そして、

どちらの方向に進めば良いかも分かります。

これが、

私が述べている

「どんでん返しの情報発信」

であり、

意識を180度変え
金銭的価値の高い情報発信になります。

たくさんの認定や資格を取得したコーチは
クライアントから、

「ありがとうございます!」
「感謝してます!」
「頭がスッキリしました!」

というような、

クライアントが容易に共感できるような
情報発信をしています。

まさしく人の役に立つ情報発信をしています。

ただし、

クライアントが容易に共感できる
情報発信は、

コンフォートゾーンの内側の情報発信です。

そのような情報発信をしても、

クライアントはコンフォートゾーンの
外側に出ることができません。

その結果、

現状維持の世界から抜け出すことはできず、

人の役には立っても、

「この人にお金を払ってでもついていきたい」

と思わせるような、

金銭的価値の高い情報発信にはなりません。

それでは、

コーチングビジネスは成功しません。

クライアントが抱えている悩みの本質が
手に取るように分かり、

「だから今まで上手くいかなかったのか」

と過去が全て走馬灯のように横切り、

その問題を解決すれば、

現状の外側の未来が達成できると
確信させる情報発信が必要です。

それができれば、

クライアントはあなたに
一目置くようになります。

そして、

信頼関係を築く土台ができあがります。

この情報発信を継続すれば
信頼関係は確実に構築されていきます。

それが実現すれば、

クライアントはあなたのコーチング商品を
購入していきます。

これが、

コーチングビジネスの本質です。

皆さんは日々どのような情報発信を
していますか?

コーチングビジネスで
クライアントのスコトーマを外す
情報発信ほど大切なものはありません。

これができるから、

クライアントは抱えている問題の
本質が分かり、

現状の外側の未来に近づいていくのです。

皆さんはそれを理解して、

「どんでん返しの情報発信」

に磨きをかけて、

コーチングビジネスの成功を是非
手に入れてください。

皆さんが一流のコーチとして
クライアントのゴールを実現されることを
心から応援しています。

一緒に頑張っていきましょう!




お客様のことを考えていますか?前のページ

再現性がなければコーチングで稼げない次のページ

関連記事

  1. コーチングビジネス

    稼げていないコーチ仲間はドリームキラー

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「稼げてい…

  2. コーチングビジネス

    需給関係がコーチングビジネスの成功の決め手

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「需給関係がコ…

  3. コーチングビジネス

    稼げる頭と稼げない頭の決定的違い

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「稼げる頭と稼…

  4. コーチングビジネス

    ビジネスで稼ぐ大切な1つの方法

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は「ビジネスで稼ぐ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 抽象度

    なぜ抽象度が低いのか
  2. コーチングビジネス

    なぜクライアントへの教育が必要なのか?
  3. 未来思考

    未来からの引力が働かない1つの大きな理由
  4. コーチングビジネス

    出たとこ勝負では稼げない
  5. コーチングビジネス

    なぜコーチング資格の費用対効果は低いのか?
PAGE TOP