コーチング

「ゴール達成のお手伝い」はコーチの甘え




皆さんこんにちは!
小倉です。

今回は、

「「ゴール達成のお手伝い」はコーチの甘え」

の内容でお伝えします。

私の母は 1年前から背中が痛くて
仰向けに寝ることが出来ませんでした。

半年ほど前から車で1時間ほどの
距離がある整骨院へ週一回通っていました。

母は高齢なので私が車で
連れていくこともよくありました。

そこの整骨院はとても商売上手です。

サービス精神もあって繁盛しているお店でした。

私はその店自体には
特別に大きな不満はありませんでした。

ただし、

1つ大きく気になったのが、

母の背中の痛みがいつ取れ
いつになれば仰向けに寝ることができるか、
明言しなかったことです。

根本的な原因を聞いても
何かはぐらかされている感じがしました。

そんな時私の友人から
近くの整骨院の紹介を受けました。

そしてすぐに予約を取って
翌日母をその整骨院へ連れて行きました。

先生は1時間ほど母を診察して

「7月末になれば仰向けに寝れます」

と明言しました。

そして、

その根本原因は体が歪んでいること。

それを改善するために、
日常の生活で気を付けるべきことと、

7月末までに周一回通院して
どんな治療をするか丁寧に説明してくれました。

母の表情はとても明るくなり
私がここ一年した行為の中で
最大の親孝行と冗談混じりに言ってくれました。

私が何を言いたいかと言うと、

この先生は根本的原因を患者へ伝えて
患者の希望にコミットしていることです。

そして、

達成する期限を明確にしていることです。

母は7月末になれば仰向けになれると
大いに喜んでいました。

なぜなら、

7月末になればうつ伏せではなく
仰向けの自然体で気持ち良く楽に寝れることを
イメージできるようになったからです。

以前に通院していた整骨院では
その場限りでは母は楽になりましたが、

半年経過してもベッドの上で
うつ伏せ状態が続いていました。

そして、

いつになったら仰向けに寝れるのか
不安が続く状態が続いていたのです。

ただし、

その整骨院の先生と出会えたおかげで、

母は心の不安を払拭することができ
とても楽になる未来をイメージすることが
できたのです。

コーチングも全く同じだと思いました。

クライアントが今抱えている問題の
根本的原因を明確にして、

未来を達成する方法を明確にして
その未来を約束していくから、

コーチングの存在意義があると
強く感じたのです。

ただし、

大変残念ながら、

コーチングスクールで認定や資格を
取得した9割以上のコーチは、

「ゴール達成のお手伝い」

と言って、

全くお茶を濁しています。

クライアントの、

どんなゴールを達成して
いつまでにどのような方法で
ゴールを達成していくのか、

明言しているコーチには
滅多にお目にかかりません。

そうなってしまう大きな理由の一つは、

ライフコーチングを志して、

「人生の豊かさと自由が手に入る」
「 あなたの無限の可能性が広がる」

を謳い文句に、

マインドの正しい使い方を学ぶこと

つまり、

コーチングスキルを教えることを
商品としているからでしょう。

ここで大きな誤りが2つあります。

1つ目は、ビジネス上の誤りです。

2つ目は、クライアント視点での誤りです。

1つ目、ビジネス上の誤りとは、

コーチングスキルを教えることができる
コーチはたくさんいるからです。

ハッキリ言って、供給過多です。

コーチングスキルを教えるだけで
ビジネスの差別化はできず、

そもそもお金を持っている
セルフイメージの高いクライアントは
そんなところにお金を使いません。

なぜなら、

自分で書籍を購入して、YouTube動画を見て
それなりにワークをやってしまえば、

コーチングスキルは独学で
学ぶことができるからです。

つまり、

コーチングスキルを教えることに
それほど大きな付加価値はありません。

コーチングスキルに付加価値を感じるのは
セルフイメージの低いお金を持っていない人
だけでしょう。

コーチングスキルを教えるだけでは
差別化がますます図れず、稼げない時代に入っています。

2つ目は、クライアント視点での誤りです。

たくさんのお金を支払って
コーチングスキルを学びたい
クライアントはいません。

たくさんのお金を支払って
コーチングスキルを身に付けたい
クライアントはいます。

しかし、

大変残念ですが、

ライフコーチングのように
具体的な特定分野のゴールを持たず
コーチングスキルを教えても、

コーチングスキルを身に付けたのかどうか
よく分からない状態で、

本番のセッションは終了してしまいます。

なぜなら、

本気で目指すゴールがないからです。

本気で目指すゴールがなくて
本気で行動せずに、

マインドの使い方は学ぶことができません。

マインドの使い方の知識は頭の中にあっても
使いこなせないということです。

或いは、

使いこなせるようになったと
勘違いしているだけです。

具体的なゴールがあって
それを達成するプロセスで、

ようやく体感レベルで、

正しいマインドの使い方が身につきます。

つまり、

コーチとは冒頭で述べた
整骨院の先生と同じことを
クライアントへする必要があるのです。

整骨院の先生が私の母へしてくれたように、

ゴール達成期限を決めて、

そこまでたどり着けるプロセスを
明確に示して、

クライアントの不安を払拭して
表情を明るくして、

未来に希望を持ってもらうということです。

コーチング商品とは、

シンプルに言えば、

クライアントへ具体的な明るい
理想の未来を売ることです。

そして、

コーチはそれにコミットして
クライアントもそのゴールを
本気で目指していくから、

マインドの使い方が身に付いていくのです。

つまり、

ライフコーチングのように
一時期的に輝かしい未来を持った
気分になっただけでは、

マインドの使い方は
身に付かないということです。

本気でゴールを目指して
それを達成していくから、

本当のマインドの使い方が身に付いていくのです。

これからはコーチの専門性がますます
問われる時代になるでしょう。

その専門性を活かして
クライアントと本気で
具体的なゴールの実現を目指さなければ、

クライアントはマインドの使い方が
身に付きません。

ビジネス上の視点と
クライアントの視点から考えれば、

「ゴール達成のお手伝い」

と言って、

お茶を濁している場合ではない
ということです。

「ゴール達成のお手伝い」

ではなくて、

「本気でゴール達成を実現していく」

ことです。

それしか、

今後のコーチに残された道はないでしょう。

あなたがコーチとして
クライアントがゴール達成する
プロセスと期限を明確に示し、

コーチングビジネスで成功できるよう
心から応援しています。

一緒に頑張りましょう!




自分の都合の押し付けがコーチングで稼げない原因前のページ

なぜあなたが今コーチングで稼げていないのか?次のページ

関連記事

  1. コーチング

    コーチは背中が全て

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「コーチは背中…

  2. コーチング

    他人を豊かにする事は安く提供することではない

    あなたが今コーチングビジネスを積極的に頑張っていきたいと思っているな…

  3. コーチング

    コーチング業界の常識は世間の非常識

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「コーチング業…

  4. コーチング

    コーチングスキルを磨く2つの極意

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は「コーチングスキ…

  5. コーチング

    メンターから何を学ぶのか

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は「メンターから何…

  6. コーチング

    最高のコーチングスキルとは

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「最高のコーチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. コーチングビジネス

    なせ稼げないまま行方不明になるのか
  2. マインドセット(本気の決断とその継続仕組み)

    転んでもただでは起きないためには?
  3. コンフォートゾーン

    周囲から浮いた存在になれ
  4. ゴール

    不安と恐れは人類の資産に変わる
  5. マインドセット(本気の決断とその継続仕組み)

    認知科学式コーチングを学んでも分からない本気になるために必要なこと
PAGE TOP