コーチングビジネス

1000対1の究極の法則




皆さんこんにちは!
小倉です。

今回は、

「1000対1の究極の法則」

の内容でお伝えします。

皆さんは稼いでるコーチと
稼いでいないコーチの
最も大きな違いは何だと思いますか?

・コーチングスキル
・ビジネススキル
・マインドセット

どれも正解ですね。

ではどうすれば、

成功する本物の

・コーチングスキル
・ビジネススキル
・マインドセット

が手に入るでしょうか?

それはとてもシンプルです。

その答えは、

成功している人の懐に飛び込めば
成功は手に入ります。

成功している人の懐に飛び込まなければ
成功は手に入りません。

ただ単にそれだけのことです。

私は今回のブログのテーマを

「1000対1の究極の法則」

とした理由もそれを明確に
お伝えしたかったからです。

「1000対1の究極の法則」

とは、

「稼げていない1000人のコーチ仲間より
 1人の稼げているメンターの方が
 遥かに希少価値が高い」

ということ。

つまり、

稼げていない1000人のコーチ仲間と深く
交流してみても、

稼げない頭が稼げる頭に切り替わる
ことはありません。

なぜなら、

1000人の稼げていないコーチの
頭の中に稼ぐ正解は元々ないからです。

稼げない頭の人は稼げる頭の人と
交流して初めて稼げる頭に切り替わります。

なぜなら、

たった1人でも稼げているコーチの
頭の中には稼ぐ正解があるからです

ですから、

「稼げていない1000人のコーチ仲間より
 1人の稼げているメンターの方が
 遥かに希少価値が高い」

この話しが成り立ちます。

——————————
コーチの本音
——————————

たくさんのコーチが
コーチングスキルを学んだ理由には、

ビジネスで成功して豊かになりたい
という思いがあると思います。

コーチングを勉強して、

人の役に立ち社会貢献をして
ビジネスでも成功して豊かになりたいと
思っている人が多いと思います。

でも、

ビジネスのゼロイチのハードルが
低くはないので、

取り組みやすい人の役に立つことや
社会貢献の方に走ってしまう
コーチもたくさんいますね。

それはそれで個人の選択なので
良いと思います。

ただし理想から言えば、

ビジネスで成功して豊かになり、

その上で、

人の役に立ち社会貢献をしていくことが
ベストではないでしょうか?

そのために大切なのは
ビジネスで成功するために

「やるべきことをやったか?」

ということです。

稼いでいる1割のコーチから見れば
稼いでいない9割のコーチが、

ビジネスで

「やるべきことをやっていない」

と思っています。

ビジネスの成功で
やるべきことをやるためには、

稼げない頭を稼げる頭に
切り替えることが大切です。

稼げない頭を稼げる頭に
切り替えるためには、

1000人の稼げないコーチ仲間と
交流するよりも、

1人の稼げているメンターと
交流する方が遥かに重要です。

なぜなら、

正解は正解があるところで
探さなければ、

正解は見つからないからです。

——————————————————
稼げる頭を身につけるとどうなるか
——————————————————

では、

稼げない頭から稼げる頭に
切り替えるとどうなるでしょうか?

例えば、

スクールを卒業したばかりのコーチは

・SNSで情報発信して
・マーケティング教材を買い集客し
・体験セッション者をDMで募集します。

稼げない頭で考えると、

現状の内側で、

「自分がやりやすいこと」
「自分ができること」

ばっかりやってしまいます。

でも、

これではコーチングビジネスで
成功できません。

では、

稼げる頭に切り替わると、
どのように変わっていくでしょうか?

稼げる頭に切り替わると、

月100万円稼ぎたければ
月100万円稼げる
ビジネスモデルを作ります。

そのためにまず大切なのは、

コーチングビジネスは薄利多売の
ビジネスではなく、

厚利少売のビジネスだと
理解することです。

決して薄利多売の感覚で、

You tuberのように
幅広い人から高評価をもらっても
コーチングビジネスは成り立ちません。

特定のターゲット層から
濃い1割の見込み客を見つけ
単価を上げていく、

そのビジネスの仕組みを
作ることが大切です。

商品の基本は、

クライアントのニーズを満たし
今の悩みや問題点を解決して
未来のゴールを約束することです。

決してコーチングスキルを
クライアントさんへ教えることが
あなたの商品ではありません。

専門家ポジションに立って
クライアントの未来を約束することが
コーチの商品です。

その次に、

商品の内容への理解が深まるよう
ステップメールを作り、

そのステップメールへ導くための
ランディングページを作り、

それと同時に、

競合相手との差別化を図った
情報発信を続けることがとても大切です。

ポジショニングから外れず
本質から外れなければ
全く問題ないので、

賛否両論を巻き起こすことを気にせず、

たくさん情報発信していくことです。

その結果、

メルマガ登録者が増え
体験セッション者が現れます。

体験セッション者へは、

成功する未来と現状維持の結果
訪れる未来をお伝えして、

自分で未来を選択してもらうことです。

その選択肢をお伝えすることが
セールスです。

とてもシンプルに説明しましたが、

稼げる頭に切り替わっていくと

現状の内側で、

「自分がやりやすいこと」
「自分ができること」

をやるのではなく、

コーチングビジネスで稼ぐ
厚利少売のビジネスの仕組みを
作ることができます。

ただし実際にはやってみてと
言われても、

どこからどう手をつければ良いか
分からないのが正直な感想かも
しれませんね。

クライアントの未来を約束する
商品と言われても、

クライアントはどんな未来に
それだけのお金を支払うのか
よく分かりません。

これ以上は私のクライアントさんに
不平等になるので言えませんが、

やはり、

その業界に精通したコーチでなければ
分からないところはたくさんあります。

業界に精通した上で
ビジネスの稼ぎ方を理解して
その仕組みを作らなければ、

稼げる厚利少売の
ビジネスモデルはできないのです。

その正しいやり方を見つけるために、

1000人の稼げないコーチ仲間と
交流するのではなくて、

1人の稼いでいるメンターと
交流することで、

正解があるところで
正解を探すことが正解です。

正解があるところ
で正解を探すことができれば

あなたは正しいコーチング
ビジネスの稼ぎ方が分かるようになり、

コーチングビジネスで
必ず成功できるようになります。

あなたが1000対1の究極の法則を
理解して、ビジネスで成功できるよう
心から応援しています。




頑張っても報われないのか前のページ

なぜスキルコレクターが生まれるのか次のページ

関連記事

  1. コーチングビジネス

    ダメな商品作りの考え方

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「ダメな商品作…

  2. コーチングビジネス

    だからあなたのコーチング商品は売れない

    ビジネスはマインドセット商品ビジネスプラン…

  3. コーチングビジネス

    傲慢にならなければ稼げない

    https://youtu.be/Cmacxc2QqBk皆さん…

  4. コーチングビジネス

    時間とお金の豊かさ両方を手に入れるためには?

    誰もが時間とお金の両方を手に入れたいと思っていると思いますが、皆さん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. コーチングビジネス

    あなたの頭の中に正解はない
  2. コーチングビジネス

    稼げるようにならない最大原因
  3. コンフォートゾーン

    「無理なく」「楽しく」「自分らしく」を実現する方法
  4. コーチングビジネス

    認知科学式コーチは一度最新のコーチング理論から大きく距離を置きなさい
  5. コーチングビジネス

    「遅いことなんて決してない」は50%明らかに間違い
PAGE TOP