コーチング

コーチングで死ぬほど大切な鍵




皆さんこんにちは!
小倉です。

今回は、

「コーチングで死ぬほど大切な鍵」

の内容でお伝えします。

大袈裟なタイトルをつけるなと
声が聞こえてきそうですが、私は真剣です。

なぜなら、

この大切な鍵を忘れてしまえば
コーチングの目的である、クライアントの
ゴールの実現が達成できないからです。

では、その大切な鍵とは
何だと思いますか?

・Want toのゴールを目指す
・エフィカシーを上げる
・コンフォートゾーンを広げる

どれも全て大切な鍵ですね。

では、

その大切な鍵を洗練された鍵に
磨き上げるには、何が大切でしょうか?

それは、

コーチングとは同質と異質の交わり合い
と理解することです。

同質と異質の交わり合いから、

コンフォートゾーンが広がり
エフィカシーが上がり
Want toのゴールが達成されていく

と理解することが極めて大切です。

同質とは自分のことです。

コンフォートゾーンの中に居る
と理解してもらって構いません。

では、異質とは何でしょうか?

異質とはコンフォートゾーンの外の世界のこと。

例えば、

メンターは正しくあなたにとって異質の存在。

なぜなら、

コンフォートゾーンの外の世界を
知っているから。

コーチングで死ぬほど大切な鍵とは、

コンフォートゾーンの外の世界を
知っているメンターと交流し、

あなたの小さな同質の世界を
大きな異質の世界とぶつけ合い
あなたの世界全体を広げていくこと。

これが正しくコンフォートゾーンを
広げることであり、

コーチングの醍醐味であり
クライアントのゴールの実現には
とても大切なことになります。

—————————————
同質と異質のぶつかり合い
—————————————

私がなぜこの内容を
テーマに選んだのでしょうか?

なぜなら、

たくさんのコーチが、
コーチングスキルは
スクールへ投資して学ぶが、

それよりも難易度が高い
ビジネスに関しては、

独りよがりの創意工夫に
こだわっているからです。

特に今は独学ブームですね。

独学本が書店でも
広く陳列されていますね。

その理由は、

書店にも大きな利益になるからです。

書店があなたの成功のために
わざわざ独学本を広く陳列している
わけではないのでご注意ください。

話を戻します。

私は独学を全否定している
わけではあります。

あなたが極めて逸脱した
優秀な人材でない限り、

あなたが独学だけで
ビジネスで成功することは
ありえないと言っているのです。

では、なぜそうなるのでしょうか?

それは、

ビジネスの成功とは
コンフォートゾーンの外に
あるからです。

コンフォートゾーンの外に
あるので、達成方法が見えないのも
当たり前ですよね。

それでも、

コーチングビジネスは
スマホやパソコンがあれば
誰もが参入できるので、

自分1人の創意工夫でできるのではと
大きな勘違いをすることがよくあります。

私もその中の1人でした。

ただし、裏を返して見れば、

誰もが容易に参入できる分
競合相手は多くなり
競争率は高くなりますよね。

この状況の中で、

高い収益率を確保しようと思えば
差別化を図り、高い参入障壁を作る
必要があるのは誰もが分かります。

この高い参入障壁を作るのが
ビジネスの中で一番難しいところであり、

その実現のためには
どうしても異質の力が必要です。

異質とはコンフォートゾーンの外の
世界のこと。

あなたの小さな同質の世界に
閉じこもっていては、ビジネスで
高い参入障壁を作ることはできません。

あなたの世界と大きな異質の世界
をぶつけ合い、あなたとメンターの世界を
奥深いところでコラボさせるから、

優れたコンテンツが生まれ
競合相手と差別化を図ることができ
高い参入障壁が作られていくのです。

それが当たり前と思えた時に
あなたのコンフォートゾーンは大きく
広がったことになります。

そのような状態になって
ビジネスでの成功方法が見えてくるのです。

小さな同質の世界に閉じこもっていては
ビジネスの成功に必要な、大きな異質の世界を
垣間見ることもできません。

ですから、是非とも

同質と異質の世界のぶつけ合いを
意識して欲しいのです。

その結果、

コンフォートゾーンが広がり
ゴール達成の臨場感が高まり
エフィカシーが上がっていく

そして、

ビジネスが成功していくことを
理解して欲しいのです。

ここまで説明すれば、

コーチングビジネスを
独りよがりの創意工夫でやっていくことが
どれだけ正しくないか分かると思います。

でも、たくさんのコーチが
コーチングスキルに対する意識が強い分
ビジネスに対してスコトーマを作っています。

その結果、

素晴らしいコーチングスキルも
活かせることなく、潜在能力を大きく
開花させることもなく、

コーチング業界を去るコーチが
たくさんいるのは、本当に残念なことですね。

あなたがそうならないように、

是非、同質と異質のぶつかり合いが
ビジネスの成功の鍵であり、

コンフォートゾーンを広げ
エフィカシーを上げ
創造的無意識を開花させ、

未来の最高のゴールの実現のために
大切なことを理解してください。

同質と異質のぶつかり合いが
コーチングの醍醐味であり
ポテンシャルを大きく開花させていく鍵です。

あなたが異質な大きな世界に触れ
プロのコーチとして成功できるよう
心から応援しています。




頭でっかちにならない前のページ

なぜ口先だけで終わるのか次のページ

関連記事

  1. コーチング

    ゴールコレクターを目指せ

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「ゴールコレク…

  2. コーチング

    スキルを圧倒的に高める方法

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「スキルを…

  3. コーチング

    死ぬほどワクワク感を高める方法

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「死ぬほどワク…

  4. コーチング

    セルフコーチングの限界

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「セルフコーチ…

  5. コーチング

    メンターの存在価値

    突然ですが皆さんにはメンターがいるでしょうか?或いは過去メン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. コーチングビジネス

    コーチングスクールを卒業してからが本当にコーチが必要
  2. コーチング

    コーチングスキルを飛躍的に高める方法
  3. コーチングビジネス

    稼ぐ商品作りで大切な3ステップ
  4. コーチングビジネス

    あなたはコーチとして選ばれる理由がありますか?
  5. 思考行動習慣

    もうこれしかないと思う為には?
PAGE TOP