コーチングビジネス

知ったかぶりでは稼げない




皆さんこんにちは!
小倉です。

今回は、

「知ったかぶりでは稼げない」

の内容でお伝えします。

知ったかぶりとは
どういうことでしょうか?

それは分かっているつもり
と言うことです。

この〜つもりほど
人の成長を阻害している
言葉はありません。

この〜つもりが
人が潜在能力を発揮できない
最大の原因になります。

なぜなら、

〜つもりとは、結局は
コンフォートゾーンの中で
全て判断してしまっているからなんです。

ビジネスで〜つもりはご法度です。

〜つもりは通用しないのが
ビジネスの世界です。

なぜなら、

全て数字で結果が出てくるから。

あなたが仮に今、

メルマガ登録者がいなくて
体験セッション者が現れず
成約数が一切なければ、

その原因は、あなたが今まで
やってきたこと全てが
〜つもりだったからです。

・知っているつもり
・分かっているつもり
・やっているつもり
・正しいつもり

この〜つもりが
あなたがビジネスで成果が
出ていない最大原因です。

ビジネスで成果を出すためには、

知っているつもりではなく
知っている、

分かっているつもりではなく
分かっている、

やっているつもりではなく
やっている、

正しいつもりではなく
正しい、

ことが必要です。

そこまでハッキリと言い切れるから、

メルマガ登録者が増えていき
体験セッション者が現れ
成約数が増えていくのです。

その結果、

ビジネスで稼げるようになっていくのです。

—————————————
〜つもりにならないために
—————————————

では、どうすれば
〜つもりにならないでしょうか?

それはすでに稼いでいるメンターから
正しいやり方を学ぶことです。

メンターから教えてもらったことを
反復練習して、

メンターから合格点をもらうまで
修正していく以外に方法はありません。

職人の世界でもよくありますよね。

弟子は師匠の背中を見て学び
師匠から合格と言われれば
独り立ちできるということです。

コーチングシステムは、

この職人の世界の師匠と弟子の
関係と全く同じでわけありませんが、
本質は同じです。

コーチングとはメンターが持っている
知識、技術、知恵を模倣してパクることです。

職人の世界では弟子は師匠の雑用をこなし
学びに対する対価として支払っています。

コーチングではその対価をお金で
支払っているに過ぎません。

ですから、

雑用は一切しない分、時間を圧縮し
凝縮して学んでいくことができます。

それが、

コーチングと職人の世界との
大きな違いです。

両者とも格上の人の背中を見ながら
成功するための知識、技術、知恵を模倣して
学び取ることには全く変わりがないわけです。

そして、

プロの世界の人から、正しい教えを受け
その正しい教えに基づいて実践し
成果を出していけるから、

・知っているつもり
・分かっているつもり
・やっているつもり
・正しいつもり

は一切なくなるわけです。

知っているつもりではなく
知っている、

分かっているつもりではなく
分かっている、

やっているつもりではなく
やっている、

正しいつもりではなく
正しい、

と自信を持って断言できるように
なっていけるのです。

その状態からしか
ビジネスの成功は生まれません。

———————————
成功できない根本原因
———————————

断言できるか、断言できないかが
成功できるか、成功できないかの
大きな分かれ目になります。

なぜなら、

断言できるか、断言できないかが
確信できるか、確信できないかに
大きくつながっていくからです。

確信できなければ
常に半信半疑の状態の中で
迷いながらやっていることになります。

迷いながら中途半端にやれば
その学びが無意識に刻まれることは
ありません。

その結果、

成果が出ることは無いわけです。

迷いながらやってる人に限って
スクールが新しい資格を出せば
すぐに興味津々になります。

その資格が救世主となって
稼げるようになるとイメージ
しているかもしれませんね。

でも、

それは単なる幻想です。

新たな資格を取得しても
ビジネスの稼げるネタに変えなければ、
稼げるようになりません。

稼げるネタに変えようと思えば、

自己投資して
コーチングシステムを利用し、

プロの世界の人から
正しいビジネスのやり方を学び、

メンターから合格点をもらい
これで間違いないと言えるまで
反復練習することです。

そこから正しいやり方に対する
確信が生まれ、

小さな成功体験が増え続け
本物のプロのコーチになっていくわけです。

このレベルになれば、

その資格をビジネスで活かせるか
判断できるようになり、

活かせると判断すれば
ビジネスで活かせるネタに
実際変えていけるようになるのです。

それがビジネスに長けている
プロのコーチです。

そうなるためにも、

本物の自己投資をして
正しい環境を買って
正しいやり方を学んでください。

そして、

知っているつもりではなく
知っている、

分かっているつもりではなく
分かっている、

やっているつもりではなく
やっている、

正しいつもりではなく
正しい、

と確信を持って
断言できるようになってください。

そうすれば、

あなたの潜在能力が最大限に発揮でき
コーチングスキルの向上にも拍車がかかり
クライアントの成功に貢献できるようになります。

あなたが傲慢で無知になることなく
正しいやり方を学び、確信を持って
成功できるよう心から応援しています。




コーチが絶対やってはいけないこと前のページ

お金に善悪の判断はつかない次のページ

関連記事

  1. コーチングビジネス

    なぜ1割未満のコーチしか成功しないのか?

    皆さんこんにちは!小倉です。今日は「なぜ1割未満の…

  2. コーチングビジネス

    「やりっぱなし」が成功しない最大の原因

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「「やりっぱな…

  3. コーチングビジネス

    成功実現が遠ざかる理由

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「成功実現が遠…

  4. コーチングビジネス

    なぜ成り行き任せになるのか

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「なぜ成り行き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. コーチングビジネス

    こんな人は私のメルマガを読んでも稼げない
  2. 無意識

    潜在意識難民になるなかれ
  3. マインドセット(本気の決断とその継続仕組み)

    優柔不断、先延ばし、言い訳をストップする方法
  4. コーチングビジネス

    あなたはなぜブログを続けることができないのか?
  5. コーチング

    コーチの実力の見分け方
PAGE TOP