コーチングビジネス

なぜ成り行き任せになるのか




皆さんこんにちは!
小倉です。

今回は、

「なぜ成り行き任せになるのか」

の内容でお伝えします。

皆さんはコーチングビジネスで
なぜか成り行き任せになっている
といったことはないでしょうか?

誰でも少なからず
あるかもしれませんね。

私も何度も経験しました。

ではなぜ、

成り行き任せになって
しまうのでしょうか?

・ゴールを明確に持っていない
・エフィカシーが高まっていない

どれも正しい答えです。

ただし、

もっと正確に表現すれば、

思考が現実化するプロセスが
明確に分かっていないからです。

そのプロセスが明確に分かれば
未来へのリアリティーは高まり
成り行き任せにはなりません。

では、

思考が現実化するプロセスとは
どういったことでしょうか?

それは、

自分の目の前の現実は全て
内面の変化、

つまり、

思いから始まり
思いが予感に変わり
予感が実感に変わり
実感から確信が生まれる

そして、

確信が人、物、お金、情報を引き寄せ
外面が変化していくということです。

それが思考が現実化する
プロセスです。

このプロセスを円滑に進める
最も大切な条件は、

本当にやりたいゴールを
持つことであることは
言うまでもありません。

本当にやりたいゴールを持ち、

その思いを予感に変え
予感を実感に変え
実感を確信に変えていく。

そして、

確信が人、物、お金、情報を
引き寄せ、外面が変化していく、

このプロセス全体を理解し
行動していくことが、

成り行きに任せにならないための
大切な条件になります。

——————
原因
——————

たくさんのコーチは
本当にやりたいゴールを持つことが
最も大切だということは理解しています。

たくさんのコーチにとって、

本当にやりたいゴールは
ビジネスで成功して豊かに
なっていくことかもしれません。

そうなるために、

コーチングスキルに
磨きをかけている人が
たくさんいると思います。

思考が現実化する
最初の大切なステップ、

「本当にやりたいことをやる」

は誰もがクリアーしているわけです。

でも、残念ながら

たくさんのコーチが
ビジネスで成功して豊かに
なっていないのが現実です。

エフィカシーを高めれば
成功して豊かになれると
頭では理解しているはずです。

でも、

頭で理論を理解しているが
エフィカシーを高めきれていないのが
現実ではないでしょうか?

では、なぜエフィカシーを
高めきることができないのでしょうか?

それは、

思考が現実化する明確なプロセスを
理解していないからです。

その思考プロセスが

正しく、

自分の目の前の現実は全て
内面の変化、

つまり、

思いから始まり
思いが予感に変わり
予感が実感に変わり
実感から確信が生まれる

そして、

確信が人、物、お金、情報を引き寄せ
外面が変化していくということです。

———————————————
目の前の現実を変えていく手段
———————————————

では、どうすれば
内面の変化を作り外面にその影響を
及ぼすことができるでしょうか?

それは、

間違った方向に進まないことです。

間違った方向とは、

自分一人で頑張って
コーチングビジネスをすることです。

間違った方向に進んでしまえば
小さな成功体験が生まれません。

小さな成功体験が生まれなければ、
内面の変化は起きません。

つまり、

思いが予感に変わらず
予感が実感に変わらず
実感から確信が生まれてきません。

その結果、

外面を変化させていくための
人、物、お金、情報を
引き寄せることができません。

外面が変わらないままに
終わってしまいます。

まずは、

ビジネスを一人で頑張っても
勝てないことを理解するべきです。

では、なぜ一人で頑張っても
勝てないのでしょうか?

それは、

競合相手は一人で
戦っていないからです。

手強い競合相手であるほど
自分一人の力で戦っていません。

彼らはメンターの力を利用して
時間を圧縮し、学びを凝縮しながら
戦っています。

つまり、自分より格上の人の
知識、知恵、技術を自分のものにして
戦っているのです。

ビジネスの初心者が
プロのアドバイスを受けている人と
戦っても最初から勝ち目はありません。

その結果、

小さな成功体験を
積み重ねることができません。

小さな成功体験を積み重ねなければ、

思いが予感に変わらず
予感が実感に変わらず
実感から確信が生まれてきません。

その結果、

外面を変化させていくための
人、物、お金、情報を
引き寄せることができません。

ですから、

間違った方向に進まず
自分一人の力でビジネスをしないことが
最も大切になります。

自分一人でできると思って
ビジネスをやっている人には
ある一つの特徴があります。

それは、

モタモタ行動していることです。

モタモタ行動していては
コンフォートゾーンは
決して広がってくれません。

独楽をイメージしてください。

高速で回るから
勢いがついて、安定できるのです。

モタモタ回っては
突然失速し、回らなくなります。

モタモタ行動するのは
どれが正しいやり方か
分からないからです。

自分一人で試行錯誤しているから
正しいやり方が分からず
モタモタしてしまうんです。

格上の人から正しいやり方を
教えてもらい、モタモタ行動しないことが
小さな成功体験を積むには必要です。

その結果、

内面の変化が起こり外面に影響が現れます。

外面に影響が現れ
目の前の現実が変わっていくのです。

ぜひこのプロセスを理解して下さいね。

このプロセスを理解していけば
手っ取り早く成り行き任せになる
ことはなくなります。

そして、

確実にエフィカシーを高めきる
ことができるようになります。

その結果、

コーチングビジネスで
必ず稼ぎ豊かになっていくことが
できるようになります。

あなたがエフィカシーを上げ
ビジネスで成功されることを




未来からの引力が働かない1つの大きな理由前のページ

最高のコーチングスキルとは次のページ

関連記事

  1. コーチングビジネス

    シンプルな成功法則を複雑にしているのは誰か

    成功法則って本当は非常にシンプルなんです。ただ私もそうでした…

  2. コーチングビジネス

    学びで絶対にビジネスはできない

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「学びで絶対に…

  3. コーチングビジネス

    あなたは稼げていないのにプライドが高くありませんか?

    またまた挑発的なテーマでブログを書いてと思われるかもしれませんが、…

  4. コーチングビジネス

    青汁王子の成功法則4つのポイント

    さんこんにちは!小倉健一です。今回は、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. コーチングビジネス

    独立に必要なコーチングスキル
  2. 思考行動習慣

    稼げないコーチにはある共通点があり
  3. マインドセット(本気の決断とその継続仕組み)

    逆境がなければ成功しない
  4. 無意識

    無意識の力の発揮の法則はこんなにシンプル、コーチングスクールで大金を払って学ぶ必…
  5. コーチングビジネス

    高く売れる本物のコーチングとは?
PAGE TOP