コーチング

メンターがいないことの損失




皆さんこんにちは!
小倉です。

今回は、

「メンターがいないことの損失」

の内容でお伝えします。

皆さんには模倣している
メンターがいますか?

模倣しているメンターがいれば
どんなメリットがあったでしょうか?

私にもビジネスのメンターがいて
マンツーマンで教わっています。

彼からコーチングを受けることで
どんなメリットがあったでしょうか?

それは3つあります。

1つ目、
達成グセがついたこと

2つ目、
勝ちグセがついたこと

3つ目、
稼ぐ臨場感が高まったこと

他にもありますが
3つ挙げろと言われれば
この答えになります。

————————————
1つ目、
達成グセがついたこと
————————————

では、なぜメンターがいることで
達成グセがついたのでしょうか?

それはメンターから
認められたかったからです。

プロのコーチとして一人前だと
認められたかったからです。

私はそのために
アウトプットを繰り返しました。

快と不快を繰り返し
適度な負荷をかけながら、

成功するか失敗しないかは別にして
自分に与えた課題は、とにかく
達成するクセをつけていきました。

適度な負荷をかけながら
達成するクセをつけていくと
達成する勢いが加速します。

最初は不快だったのが快に変わり
コンフォートゾーンが広がます。

そして、

更にメンターから認められようと
更に適度な負荷をかけ
不快を、次々と快に変えていきました。

その結果、

3ヶ月後、半年後には
自分が別人に変わっている感覚が
芽生えました。

達成するクセが身につくと
誰もが必ずそうなります。

3ヶ月前、半年前の自分には
アホらしくて戻れない、そんな感覚が
自然に芽生えてくるのです。

そうなれたのも、

私がメンターから
プロのコーチとして認められたい思いから
達成グセを身につけたからです。

————————————
2つ目、
勝ちグセがついたこと
————————————

なぜ、メンターがいることで
勝ちグセがついたのでしょうか?

それは成果が必ず出る
ビジネスの仕組みの作り方を
教わったからです。

成果が必ず出る根拠は
2つあります。

1つ目、

メンター自身がその仕組みを
実践し実績を上げていること。

2つ目、

その仕組みには
ビジネスの原理原則を実現する
理屈と数値の裏付けがあること。

この2つがあるから
成果が必ず出る仕組みだと
言っています。

この仕組みを活用できれば
誰もが小さな成功体験を積み重ね
勝ちグセが身につきます。

再現性が高いので、

どのような状況でも
どのような人でも
勝ちグセが身につきます。

勝ちグセが身につけば
ブリーフシステムが変わります。

ブリーフシステムが変われば
セルフイメージも格段に高まります。

その結果、

コンフォートゾーンも広がります。

たくさんのコーチが
自分一人の創意工夫で
ビジネスの仕組みを作っています。

その結果、

いつまでたっても
勝ちグセが身につきません。

勝ちグセが身につかなければ
ビジネスをやっていて
単純に面白くありません。

勝ちグセが身につくから
ビジネスがどんどん
面白くなっていくのです。

私はメンターから
成果が必ず出る仕組みを学ぶことで
ビジネスが面白くなっていったのです。

—————————————
3つ目、
稼ぐ臨場感が高まったこと
—————————————

なぜ、メンターがいることで
稼ぐ臨場感が高まったのでしょうか?

それは稼いでいる人が
すぐ目の前にいるからです。

これに勝る臨場感はありません。

そして、

定期的にコーチングを受けることで
コミュニケーションは増えていきます。

コミュニケーションが増えれば
メンターの 考え方をより深く正確に
理解できるようになります。

考え方をより深く正確に理解できれば
言葉が、メンターのイメージをより明確にして
さらに臨場感が高まっていきます。

成功者の後には
必ず成功者ありという言葉を
聞いたことがあると思います。

なぜそうなるのでしょうか?

その理由は、

すぐ目の前に成功している人がいて
臨場感が高まり、

更に、

その人とコミニュケーションを
交わすことで、

より鮮明な言葉で
成功者のイメージを感じ取り
臨場感を高めることができるからです。

その結果、

自分もそうなれる思い込みができ上がり
エフィカシーが上がっていくのです。

—————
まとめ
—————

メンターがいないことの損失
でお伝えしました。

メンターがいることで
私は3つのことが可能になりました。

1つ目、
達成グセがつく

2つ目、
勝ちグセがつく

3つ目、
稼ぐ臨場感が高まる

メンターがいなければ
全て中途半端に終わっていたでしょう。

メンターがいることで
この3つのメリットを
確実に獲得できたのです。

一番やってはいけないのは、
自分一人の意志の力と創意工夫で
頑張ってしまうことです。

自分一人の意志の力と創意工夫で
上手くいくのであれば、

スクールでコーチングスキルを
学ぶ必要がなかったかもしれません。

なぜなら、

すでに上手くいっているからです。

なかなか思う通り結果が出ず
上手くいかなかったから、

コーチングスキルを
学ばれている方は
たくさんいると思います。

そのスキルをさらに磨き上げて
ビジネスで成功するためには
ぜひメンターから積極的に学んでください。

そして、

達成グセ、勝ちグセを身につけ
ゴール達成の臨場感を高めてください。

そうすれば
あなたも必ず稼げるようになります。

あなたのビジネスの成功を
心から応援しています。




未来の意識が勝つ瞬間前のページ

「成功すれば何だっていい」は間違い次のページ

関連記事

  1. コーチング

    偽りの言葉ではゴールまで導けない

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「偽りの言葉で…

  2. コーチング

    「偽物のコーチ」になるな

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「偽物のコーチ…

  3. コーチング

    セルフコーチングの限界

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「セルフコーチ…

  4. コーチング

    なぜ凡人が非凡になれないのか

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「なぜ凡人が非…

  5. コーチング

    コーチングはお金じゃないは即失格

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「コーチングは…

  6. コーチング

    メンターの存在価値

    突然ですが皆さんにはメンターがいるでしょうか?或いは過去メン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. マインドセット(本気の決断とその継続仕組み)

    なぜ決意が必要なのか
  2. その他

    最大のライバルは誰なのか?
  3. コーチング

    コーチングスキルを学ぶ王道
  4. その他

    私はなぜ同じことを繰り返すのか?
  5. コーチング

    「無料は無責任」と理解しなければ成功しない
PAGE TOP