コーチング

スキルを圧倒的に高める方法




皆さんこんにちは!
小倉です。

今回は、

「スキルを圧倒的に高める方法」

の内容でお伝えします。

スクールでコーチングスキルを学べば
さらにそのスキルを向上させて
人の役に立っていきたいと思いますよね。

私もそうでしたし
今もそれを実践しています。

では、どうすれば
スキルを圧倒的に高めることが
できるのでしょうか?

それは、

ビジネスの仕組みを作ることです。

仕組みを作ることが
スキルを圧倒的に高める方法です。

ビジネスの仕組みを作れば
集客できるようになり
成約できるようになります。

仕組みがあれば、再現性があります。

再現性があるので
続けて集客できるようになり
続けて成約できるようになります。

その結果、

クライアントと接する機会が増え
スキルが圧倒的に高まっていくのです。

——————
現実
——————

でも、

たくさんのコーチが感じているのは、

セッションの機会が充分ないから
スキルに磨きがかからない
ことではないでしょうか?

私もコーチングビジネスを
始めたばかりの頃は
それを強く感じました。

セッションの機会がなければ
せっかく学んだスキルも
向上させることができません。

或いは、

向上させるどころか
スキルを忘れていく可能性も
充分あるわけです。

ですから、

プロのコーチとして活動し
スキルを圧倒的に高めていくためには、

ビジネスの仕組みを作ることが
何よりも優先されます。

コーチングスキルを発揮させ
クライアントの役に立っている
イメージを描きながら、

・マインドセット
・商品
・ビジネスプラン
・マーケティング
・セールス

から成り立つ仕組みを
作っていくことが最も大切です。

その結果、

続けて集客できるようになり
続けて成約できるようになります。

たくさんのセッションを経験でき
クライアントの状況に応じて
対応できるスキルが高まっていくのです。

自分が身につけたスキルで
クライアントの問題を解決できるようなると
本当のやりがいが生まれてきます。

やりがいが生まれれば
さらにたくさんのクライアントを
成功させることにワクワクしていくのです。

このモードに入っていくと
スキルが高まらない方がおかしいわけです。

———————————
仕組みを学ぶ方法
———————————

仕組みを作るときに
忘れてはいけないのは
自分一人で作ろうとしないことです。

コーチングのビジネスモデルは
薄利多売ではありません。

コーチングのビジネスモデルは
厚利少売です。

薄利多売であれば、目立つ投稿をして
その回数を増やせば何とかビジネスは
成り立つかもしれません。

でも、コーチングは厚利少売です。

厚利少売のビジネスは
目立つ投稿をして、その回数を増やせば
何とかなるものではありません。

厚利少売のビジネスは
自分のポジショニングを明確にして
ニーズに合わせた情報発信が必要です。

そして、

ランディングページへ導き
メルマガに登録してもらい
ステップメールを読んでもらうことです。

ステップメールを読んでもらうことで
提供するコーチング商品の中身が
より深く理解できるようになります。

ステップメールは商品の
詳細パンフレットみたいなものです。

そのパンフレットを見てもらった後に
希望する人に体験セッションを
していけば良いわけです。

ただ、体験セッションでも
クライアントが気づいていない問題点を
指摘してあげることがとても大切です。

その問題点を見抜くためには
たくさんのクライアントと接して
セッションの場数を踏むことが必要です。

セッションの場数が増えれば
自然と問題点が見抜けるようになり
それがスキルの向上につながります。

コーチングとは
コンフォートゾーンの外のゴールへ
クライアントを導くことです。

コンフォートゾーンの外で
チャレンジしていかなければ
ゴールは達成されません。

そのためには、

クライアントが気づいていない問題点を指摘し
コンフォートゾーンの外に導いていくことが
コーチの大切な役割になります。

それを体験セッションでやることも
コーチの付加価値を感じてもらうために
大切なスキルになるわけです。

——————————
メンターの価値
——————————

ビジネスの仕組みは一人で作るのではなく
メンターへ投資して厚利少売の仕組みを
実際に作っていくことが大切です。

正しいやり方が分かり
アウトプットを継続すれば
小さな成功体験が積み重なります。

小さな成功体験が積み重ねれば
あなたのブリーフシステムは変わります。

ブリーフシステムが変われば
コンフォートゾーンは広がります。

このコンフォートゾーンが
広がった時の感覚が、あなたにとって
大切なスキルとなります。

これは一人ではなかなか
できることではありません。

正しい方向で正しいやり方で
誰かに導いてもらわなければ
コンフォートゾーンは広がっていきません。

メンターから直接教えてもらい
ビジネスの実践を通し
コンフォートゾーンの変化を感じることです。

その経験があなたの貴重なスキルに変わり
クライアントへ同じことをすれば
クライアントは成果を上げれるようになります。

——————
まとめ
——————

スキルを圧倒的に高める方法を
お伝えしてきました。

その方法は
ビジネスの仕組みを作り、

続けて集客できるようになり
続けて成約できるようになることです。

再現性のある仕組みを作ることが
スキルを高める上で最も大切です。

再現性のある仕組みは
メンターから直接教えてもらい、

小さな成功体験を積み重ね
コンフォートゾーンを変えることが大切です。

ビジネスの実践を経験しながら
小さな成功や失敗を繰り返し
コンフォートゾーンを変えていくことが必要です。

このコンフォートゾーンの変化が
あなたのスキルを大きく向上させます。

これは知識や理論で分かることではなく
体感して初めて分かるものです。

ビジネスの仕組みを作りながら
実践を通して体感していけば
あなたのスキルは圧倒的に高まっていきます。

あなたが再現性のある仕組みを作り
スキルを向上させ、コーチとして
成功されることを心から応援しています。




大風呂敷を広げない前のページ

自動化にハマらない次のページ

関連記事

  1. コーチング

    大風呂敷を広げない

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「大風呂敷…

  2. コーチング

    「成功すれば何だっていい」は間違い

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「「成功すれば…

  3. コーチング

    コーチングスキルの大きな罠

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「コーチングス…

  4. コーチング

    コーチングスキルを磨く2つの極意

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は「コーチングスキ…

  5. コーチング

    コーチが絶対やってはいけないこと

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「コーチが絶対…

  6. コーチング

    コーチングスキルを上げるのに最も大切なことは何か?

    あなたはコーチングスキルを上げるのに大切なことと聞かれれば何と答える…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ゴール

    不安と恐れは人類の資産に変わる
  2. お金と時間の自己投資

    労働者になっても労働者マインドには陥らない
  3. マインドセット(本気の決断とその継続仕組み)

    認知科学式コーチングを学んでもあなたが大きく飛躍できない3つの理由
  4. コーチングビジネス

    なぜ穴だらけのビジネスになるのか
  5. 思考行動習慣

    あなたの脳にあと二踏ん張りさせる
PAGE TOP