コーチングビジネス

コーチングスキルではなくビジネスの仕組みを学べ




皆さんおはようございます!
小倉です。

今日は

「コーチングスキルではなく
  ビジネスの仕組みを学べ」

で内容をお伝えします。

私がこのテーマを選んだ理由は、

たくさんの方がコーチングスキルは、

何か特別なもの
何か難しいもの、と思っているからです。

私はこれは明らかに考えすぎだと思いますが、

皆さんはどう思いますか?

苫米地式コーチング理論では、

・現状の外側のゴール
・エフィカシー
・セルフトーク
・セルフイメージ
・コンフォートゾーン

などキーワードがありますが、

シンプルに表現すると

大きな夢を持ち
未来のゴールは達成されると思い、

思考行動習慣を変えていけば
未来のゴールが近づいてくる、

ということに過ぎません。

このシンプルな表現であれば
誰でも分かると思います。

コーチングの目的は
クライアントをゴールへ導くことです。

コーチングスキルはその手段ですが、

コーチングスキルで大切なのは
クライアントに、

「小さな成功体験を積み重ねてもらう」

ことです。

クライアントに、

やりたい大きな夢を持ってもらい、

それが達成できるよう
思考行動習慣を変えていきながら、

小さな成功体験を積み重ねてもらい
ゴール達成の確信を高めてもらうことです。

この中で重要なのは、

小さな成功体験を積み重ねることです。

クライアントの思考行動習慣を変え
小さな成功体験を積み重ねてもらう、

それができるから、

さらに思考行動習慣が変わっていく、

この流れに拍車をかけるのが、コーチの役割です。

そして、

クライアントが自分でできるようになっていく
ことが、コーチが本来提供するサービスです。

ここまで説明すれば

コーチングスキルは
そんなに難しいものではないと分かると思います。 

クライアントに、

やりたいことは何なのか?
そのために何が必要なのか?
そのために何をしたら良いか?

コーチングとは、シンプルに言えば
これらを解決していくことです。

この中で一番大切なのが、

思考行動習慣を変え
小さな成功体験を積み重ねてもらい
ゴール達成の確信レベルを高めることです。

この小さな成功体験を積み重ねなければ

やりたいゴールを見つけても、
ゴールへ近づいている感覚は出てきません。

ですから、

クライアントには、

小さな成功体験を
積み重ねてもらうことが大切です。

クライアントにその小さな成功体験を
積み重ねてもらうためには、何が必要になるでしょうか?

それは、

コーチが成功して豊かになっていくことです。

コーチがコーチングを受け
成功して豊かになることが、

クライアントに
小さな成功体験を積み重ねてもらうために
最も大切なことです。

それはなぜでしょうか?

コーチが成功して豊かになれば、

そのやり方をクライアントに
臨場感溢れる言葉で明確に伝えることが
できるからです。

表情、態度、しぐさから価値の高い
非言語外情報も与えることができます。

その結果、

クライアントに
この人についていけば
自分もやれると確信が生まれます。

あなたが成功して豊かになることが
クライアントに小さな成功体験を
積み重ねてもらうために大切です。

成功して豊かになるということは
お金を稼ぐ実力が必要になります。

稼ぎ方を取り扱い
ビジネスの仕組みを構築していくことが
本当に大切です。

もちろん会社員として立派に働いていくことも
素晴らしい選択ですが、

あなたが、

会社員であろうと
会社員でなかろうと、

コーチングビジネスで
成功して豊かになっていくためには、

ビジネスの仕組みを作る能力を
磨いていくことは必要不可欠です。

ビジネスの仕組みとは、

・マインドセット
・商品
・ビジネスプラン
・マーケティング
・セールス

から成り立つ半永久的に
自動化された仕組みです。

この仕組みを構築することは
決して難しくはないですが、甘くもないわけです。

この仕組みを作る能力を
身に付けなければ、

ビジネスの大切な原理原則、

つまり、

より多くの人に自分の存在を知ってもらい
より多くの人と信頼関係を構築して
より多くの人と成約していく

ことが実現できません。

だから、

あなたがコーチングを受けて
メンターと一緒に売れる仕組みを作り
ビジネスの原理原則を実現することが大切です。

最初は失敗するのは当たり前です。

失敗して手を止めてしまうから
成功できなくなるわけです。

失敗する可能性が高くなるのは
自分の意志の力に頼り
自分なりの創意工夫で
頑張ってしまうからです。

その失敗する可能性を
成功する可能性に変えるためには、

メンターから直接教えを受けて
100人のうちの1人の人材になることです。

100人のうちの1人の人材になるためには
99人が選択する道を選んではいけません。

「迷ったら少数派へ」
「迷ったら難しい方へ」
「迷ったら先が見えない方へ」
「迷ったらみんなと逆へ」

これは口で言うのは簡単ですが、
実際にやってみると、

「何が少数派で」
「何が難しい方で」
「何が先が見えない方で」
「何がみんなと逆で」

がよく分かりません。

こういうた一つ一つの決断も含めて
メンターから直接教えを受けて学び
ビジネスの仕組みを作っていくことが

あなたの小さな成功体験を積み重ねるために
とても大切です。

あなたが小さな成功体験を
積み重ねることができるから、

成功して豊かになったやり方を
クライアントに臨場感溢れる言葉で
明確に伝えることができるようになり、

表情、態度、しぐさの価値の高い非言語外情報も
与えることができるようになり、

その結果、

クライアントには
この人についていけば自分もやれると
確信が生まれるわけです。

そして、

クライアントはコンフォートゾーンが変わり、

ゴール達成の臨場感が高まり
エフィカシーが上がり、

ゴールが近づいてくる
手応えが生まれるわけです

コーチングはシンプルです。
特別なスキルは必要ありません。

一番重要なのは、

あなたが小さな成功体験を積み重ねることです

そのためには
ビジネスの実践を通して
メンターの教えを受けながら
さっさとビジネスの仕組みを作ることです。

それが、

コーチングビジネスで成功する王道です。




現代版わらしべ長者物語前のページ

お金は後からついてこない次のページ

関連記事

  1. コーチングビジネス

    稼げない頭で悩み続けても稼げない

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「稼げない頭で…

  2. コーチングビジネス

    苦手なことを避けては成功できない

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「苦手なことを…

  3. コーチングビジネス

    マスターコーチを心配させるな

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「マスターコー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 無意識

    無意識の力の発揮の法則はこんなにシンプル、コーチングスクールで大金を払って学ぶ必…
  2. コーチングビジネス

    「努力は裏切らない!」を信じない!
  3. コーチングビジネス

    情報や知識に投資するスピードがなければ成功しない
  4. ゴール

    あなたのメンターでさえも教えることが出来ないもの
  5. コーチング

    凡人であることは最強の武器
PAGE TOP