コーチングビジネス

これが頭脳への最高の自己投資!




今回は、

『これが頭脳への最高の自己投資!』

という内容でお伝えします。

私は今まで、

数多く自己投資を繰り返してきました。

高額教材、株式投資などのオンライン講座、
語学学校、通訳者養成学校、中小企業診断士、
コーポレートコーチングなど、

一千万円は自己投資をしてきました。

その中で、

一番投資効果が大きかったのが、

メンターへ投資したことであり、

「高額商品の売れる仕組み」

を自分のものにしたこと。

費用は数百万円以上になりましたが、

これほど自分の将来へ大きな付加価値を
与えてくれる投資はない、

と確信しています。

その理由は、

ビジネスの本質を学び、

ビジネスをゼロから作れる力が身についたこと。

今はたまたまコーチングビジネスを
やっていますが、

他のビジネスに変わっても、

ビジネスの本質は同じで
売れる仕組みが必要になり、

世の中がどうなり、どんな変化が起きようと、

自分は家族を養い生き残れる、

或いは、

豊かさを手に入れ、幸せな生活を送る、

そういう自信が身についたということです。

これほど人生を豊かにしてくれる投資はありません。
もちろん、

会社員として稼いだお金を
数百万円投資しているので、

一時的な懐は痛んでいますが、

それ以上の将来に渡り、

回収できる思考とスキルを手に入れた喜び
はかけがえのないもの。

私は会社員ではないので、

ビジネスの実力さえあれば、

65歳定年を気にすることもなく、

一生涯現役で豊かさを手に入れる権利を
与えられた、

ということになります。

私たちが生きている社会は、

良くも悪くも資本主義社会。

資本主義では、

「商品やサービスを売る実力のある人」

が強者であり、

「商品やサービスを買い続ける人」

が弱者。

強者が良くて弱者がダメという意味ではなく、

私は、

「高額商品の売れる仕組み」

を手に入れたことにより、

「商品やサービスを売る実力のある人」

の仲間入りできたということに過ぎません。

何が良くて、何が悪いのかは、

個人個人の価値観次第ですが、

私は自分の望む最高の未来を手に入れる権利が
与えられたことに、

大きな喜びを感じているのです。

自分でも身銭を切って投資して
よく頑張ったと褒めてあげたいくらい、

それだけ、

「高額商品の売れる仕組み」

を手に入れた喜びはとても大きい。

ただし、

ここで一つ注意が必要なのは、

私がお金を投資して、

スキルや知識を単品で身につけても、

ここまで喜びは大きくなかったということ。

その理由は、

過去の私ようなビジネスの素人が、

コピーライティング、マーケティング、
セールスなどの、

スキルや知識を単品で身につけても、

売れる仕組みはできなかったからです。

つまり、

稼ぐ実力は身に付かなかったということ。

昔の私のようなズブの素人であれば、

スキルや知識を単品で与えられても、

どのように組み合わせれば、

売れる仕組みを作れるか分からず、

途方に暮れていたのは間違いないでしょう。

スキルや知識を単品で与えられるとは、

認知科学式コーチングで、

「現状の外側のゴールが大切です!」

とだけ教えられるようなもの。

それを実現するマインドセットは
自分で考えて下さいねと言われても、

どうすれば良いのか分かりませんよね!

認知科学式コーチングが素晴らしいのは、

・現状の外側のゴール
・エフィカシー
・コンフォートゾーン
・セルフイメージ
・セルフトーク

の全てがそろい、

体系化された再現性のある
マインドセットを学べることです。

それと同じように、

私はメンターから、

売れる仕組みを作りに必要な、

・マインドセット
・商品(ポジショニング)
・ビジネスプラン
・マーケティング
・セールス

この5つのスキルを全て実践を通して学び、

体感レベルでその作り方が分かるようになり、

稼げるようになったということです。

「スキルや知識を単品で学ぶ」

「売れる仕組みを学ぶ」

とは、

それくらい大きな差があるもの。

ここで気をつけてほしいのが、

世の中の大半の成功者が、

得意分野のスキルや知識しか販売していないこと、

売れる仕組みを売っていないことです。

コーチングスクールのお偉いさんや
トップコーチたちが、その一つの良い例ですね。

例えば、

コーチングスキルの認定や資格を取っても、

コーチングスキルの理論は学べるが、

コーチング商品を売るために必要な
売れる仕組み、

・マインドセット
・商品(ポジショニング)
・ビジネスプラン
・マーケティング
・セールス

のほんの一部しか学ぶことができません。

それでは全く稼げるようにはならない。

「一部を学ぶのか?」

「全体を学ぶのか?」

この2つは、

それだけ差が大きいということです。

こういった理由により、

私が、

「頭脳への最高の自己投資は何か?」

と聞かれれば、間髪なく、

「高額商品の売れる仕組み」

と答えるのです。

そして、

今後の時代は、

単なるスキルや知識を売るだけでは、

お客様の要望に応えきれず、

時代遅れになる予感さえあります。

皆さんも是非、

「売れる仕組みを学ぶ」

と、

「スキルと知識の単品を学ぶ」

この2つの違いを考えてみて下さい。

それがあなたのコーチングビジネス成功への
突破口になるのは間違いないでしょう。




社交辞令の感謝は必要なし前のページ

「無理をしてはいけない!」では話にならない次のページ

関連記事

  1. コーチングビジネス

    コンテンツ力の磨き方

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は「コンテンツ力の…

  2. コーチングビジネス

    稼げない頭の労働者思考のコーチの「あるある」

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「稼げない頭の…

  3. コーチングビジネス

    苦手なことを避けては成功できない

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「苦手なことを…

  4. コーチングビジネス

    周囲と同じであればご臨終

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「周囲と同じで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. お金と時間の自己投資

    労働者思考の落とし穴
  2. コーチング

    死ぬほどワクワク感を高める方法
  3. コーチングビジネス

    認知科学式コーチング理論を使いこなせているのはほんの一握りの人
  4. コーチングビジネス

    認定や資格はゴミ箱に捨てなさい!
  5. コーチングビジネス

    コーチング理論を振りかざすだけでは成功できない
PAGE TOP