コーチングビジネス

セールスの大切な鍵を理解しなければ成功しない




皆さんこんにちは!
小倉です。

今回は、

「セールスの大切な鍵を理解しなければ成功しない」

と言う内容でお伝えします。

コーチングビジネスでセールスの言葉は
敬遠されてるかもしれませんね。

コーチングスクールが、

「セールスをやってはいけない」

と言っていることが
一つの大きな理由でしょう。

しかし、

結論から言えば、

コーチングスクールは別として
コーチにはセールスの力が必要です。

その理由は、

コーチングスクールのように
高度なマーケティングシステムを
構築できていないからです。

コーチングスクールが
セールスをやらなくても
ビジネスが成り立つのは、

あらゆるメディアを通して
情報発信する力が質量ともに
ずば抜けているからです。

それは、

組織力や資金力があってなせる技です。

その力を持っている
コーチングスクールと、

その力がない一般コーチを、

そもそも同じ土俵で扱ってはいけない
ということです。

ですから、ここでは、

コーチにはセールスが必要と言う
前提で話を進めます。

では、

セールスの大切な鍵とは何でしょうか?

それは、

「でしゃばらない」

ことです。

「でしゃばらない」

とはどういうことでしょうか?

それには2つの意味があります。

1つ目は、

相手から求められてもいないのに
商品説明をしてはいけないと言うこと。

2つ目は、

相手を誘導してはいけないと言うこと。

この2つをやってしまえば、

「でしゃばっている」

ことになります。

でしゃばってしまえば
相手から距離を置かれ、成約できません。

以下にて順番に、説明していきます。

<1つ目>

「相手から求められてもいないのに
 商品説明をしてはいけない」

皆さんは体験セッションで
相手から頼まれもしないのに
商品説明をしていませんか?

結論から言えば、

頼まれもしないのに
商品説明をすることは、売り込みです。

売り込みをして、コーチング商品が
成約することはありません。

売り込みをしてしまえば、

あなたとクライアントの距離は
どんどん離れ、敬遠されるだけです。

商品説明は、

クライアントがゴールを達成するために、

「あなたの力を貸してほしい」

と確認できた時、

「商品説明をしてもいいですか?」

と質問して、

承認をもらった上で
しっかり進めていくべきものです。

「あなたの力を貸してほしい」

と確認もできていないないのに、

しっかり言質を取らないまま
商品説明をしていくのは、

人の家に勝手に入り込んで
リフォームを薦める業者と同じです。

どんどん距離を置かれて
あなたの言っていることに警戒心を示し
相手にされなくなります。

人の家に勝手に入り込んではいけません。

最低限、ピンポーンを鳴らして
相手の承認を取って、家の中に入り、

相手がリフォームが必要だと認識してから、

商品説明をするべきです。

これが、

セールスの大切な鍵であり、

「でしゃばらない」

の1つ目の意味になります。

次に2つ目の意味を説明します。

<2つ目>

「相手を誘導してはいけない」

セールスとはうまく誘導することと
考えているコーチもいるかもしれません。

結論から言えば、

誘導は百害あって一利なしです。

なぜなら、

未来への決断は
クライアント自身が、心の声を聞いて
するものだからです。

クライアントには、最高の未来と
現状維持の延長線上の未来を
イメージしてもらうことは大切です。

そして、

いずれの道か選択してもらうことも
必要になります。

ここで大切なのは、

あなたは一切口を挟まず、

全てクライアントに委ねることです。

全てクライアントに委ねた上で、

クライアント自身で将来の道を
決めてもらうことです。

コーチに求められるのは、

クライアントが選択する道を確認することです。

ただ、それだけです。

誘導色が少しでもあれば
売り込みになってしまい、

相手は勘づいて、拒否反応を起こします。

適切な質問はする必要はありますが、

あなたが判断を挟んで、

相手が選ぶ道を誘導してはいけません。

相手が納得いくまで、とことん考え抜いて
未来を選択していくことが大切です。

それが、

セールスの大切なポイントであり、

「でしゃばらない」

の2つ目の意味になります。

以上にて、

「でしゃばらない」

の2つの意味を説明しました。

たくさんのコーチがセールスに対して
苦手意識を持っているかもしれません。

その理由の1つとして、

セールスに対して、

「押しが強い人でなければできない」
「図々しくなければできない」

と間違ったイメージを
持っていることが、挙げられます。

しかし、

セールスの本質とは
それとは対極にあるものです。

つまり、

セールスの大切な鍵は

「でしゃばらない」

ことです。

でしゃばって、

相手から求められてもいないのに
商品説明をしてはいけないと言うことです。

相手の未来を勝手に誘導してはいけない
と言うことです。

それが、

セールスに求められる大切なポイントです。

ぜひ、

セールスの本質を理解して
苦手意識を持たず、積極的に取り組んで下さい。

それが、

コーチングビジネスを成功へ導く大切な鍵です。




成功者から直接学ばなければ成功しない前のページ

「無料は無責任」と理解しなければ成功しない次のページ

関連記事

  1. コーチングビジネス

    認知科学式コーチングスキルを売ってはいけない

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「認知科学…

  2. コーチングビジネス

    「やりっぱなし」が成功しない最大の原因

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「「やりっぱな…

  3. コーチングビジネス

    ステップメールの目的を理解しなければ成功しない

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「ステップメー…

  4. コーチングビジネス

    コーチングビジネスの成功法則

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「コーチングビ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. コーチングビジネス

    コーチングビジネスはチーム戦
  2. コーチングビジネス

    なぜ熱意があってもコーチングで稼げないのか?
  3. コンフォートゾーン

    何故あなたの稼ぐ臨場感が高まらないのか?
  4. コーチングビジネス

    「コーチの数はまだまだ足りない」を信用するな!
  5. マインドセット(本気の決断とその継続仕組み)

    成功するために必要な4つのマインドセット
PAGE TOP