ゴール

コーチの抽象度の高いゴールとは




皆さんこんにちは!
小倉です。

今回は、

「コーチの抽象度の高いゴールとは」

の内容についてお伝えします。

皆さんはコーチとして
どんなゴールを持っていますか?

それぞれにそれぞれが納得する
ゴールがあれば、それで良いと思います。

それは、人がどうこう口出しすること
では決してないので。

ただし、私から希望があるとすれば
ぜひこれは頭に置いてほしいゴールが
1つあります。

それは、

「クライアントの人生の最高の1ページを飾る」

ということ。

コーチングを受けたいと思っている
クライアントは、自分の人生を変えたいと
思っている人。

自分の人生を変えたいと思っているから
それに見合った金額を払い、あなたの
コーチング商品を買っているわけです。

そのクライアントには、是非

あなたのコーチングを受けたことが
人生のターニングポイントだったと
言わせて欲しいのです。

それを実現していくためには、
あなたにはコーチとしての覚悟が
求められます。

その覚悟に大切なのは何でしょうか?

重苦しく考える必要は全くありません。

それは、

自分の成功以上に
クライアントの成功に
ワクワクしていくということ。

このワクワク感があれば
創造的無意識は大きく開花します。

創造的無意識が大きく開花すれば
直感が鋭敏になり、アイデアが冴え渡ります。

クライアントも
本気で最高の未来を実現していく
決意があれば、直感が鋭敏になります。

コーチとクライアントとの冴え渡った
直感のコラボが、

「クライアントの人生の最高の1ページを飾る」

ことを可能にしていきます。

——————
私の場合
——————

私の主体はビジネスコーチングです。

私がビジネスコーチになった理由は、

ビジネスをゼロから築き上げる能力を
身に付ければ、

間違いなく、

人生の楽しみが大きくなり安心と豊かさを
手に入れることができるからです。

安定を人の手に委ねてしまえば
結局は人にコントロールされてしまう。

そうならないためにも、

ビジネスをゼロから築き上げる能力は
大切だと考え、それを身につけれるよう
私はビジネスコーチングをしているわけです。

私はクライアントが
私のコーチングを受け
ビジネスを学ぶことで、

人生の選択肢が増え
安心とゆとりが出てきたと
感じてもらいたいのです。

それが、

私のコーチとしての本当のやりがいです。

私はメンターからコーチングを受けることで
未来の最高のゴール達成の臨場感が高まり
エフィカシーが上がりました。

同じ感覚をクライアントの皆さんにも
経験してほしいし、

その経験があったから、

自分の人生が大きく変わったと
言わせてみたいのです。

そして願わくは、
私のコーチングが

「クライアントの人生の最高の1ページを飾った」

と感じてもらいたいのです。

———————————
人生の最高の1ページ
———————————

クライアントの人生の最高の1ページを
飾るためには、

自分の成功以上に
クライアントの成功に
ワクワクすることが大切です。

そして、

クライアントの成功を
実現させる決意が大切です。

果たして、

自分の成功以上に
クライアントの成功に
ワクワクすることができるのか?

と言う疑問を持たれるかもしれませんね。

クライアントのことを中途半端に
考えていてはそれは実現できません。

あくまでも無意識レベルでの話ですが、

四六時中寝ても覚めても
クライアントのビジネスが
どうすれば上手くいくのか、

それぐらいの心境にならなければ、
そのワクワク感は本物にならないでしょう。

本物にならないとは、

自分の成功へのワクワク感が
クライアントの成功へのワクワク感より
勝ってしまうということです。

結局は、

クライアントよりも
自分を中心に考えてしまっている
ことになります。

最初はそれでも構いません。

なぜなら、

誰もが最初はクライアントがいないから。

ただし、

成約しているクライアントが
いなかったとしても、

体験セッションの段階から
そのイメージをしていく習慣は
本当に大切ですね。

そのイメージが上手くいくことも
上手くいかないこともあります。

ただ一度でもいいから
そのイメージを上手く持てるようになると
イメージできる力が急速に高まっていきます。

その力が急速に高まれば、

無意識レベルで、四六時中
寝ても覚めても、クライアントの
成功実現方法を考えてしまっている

そのモードに入っていきます。

その時、

ワクワク感が極まって
高くなっていくのです。

正直言って、

自分の成功など頭から
完全に外れている状態になります。

クライアントが成功している
ワクワク感で、完全に自分の頭が
満たされている状態になります。

「クライアントの人生の最高の1ページを飾る」

とは、

結局、

クライアントの成功にワクワクしていく。

そして、

クライアントも本気で
未来の最高のゴールを実現させていく。

コーチとクライアントの冴え渡った
直感のコラボで実現されていくのです。

コーチがそれぞれに
抽象度の高いゴールを掲げ
本気で目指していくことは、

とても大切なことです。

そして、

「クライアントの人生の最高の1ページを飾る」

この言葉があなたの抽象度をさらに上げ
コーチとしてのモチベーションを上げれば
これ以上嬉しいことはありません。

あなたがコーチとして
本当のやりがいを感じ、成功できるよう
心から応援しています。




なぜコンフォートゾーンが劇的に広がらないのか前のページ

稼げない頭を完全放棄次のページ

関連記事

  1. ゴール

    「夢は勝手に叶う」は不正解ではない

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「夢は勝手…

  2. ゴール

    あなたのメンターでさえも教えることが出来ないもの

    世の中のことは大抵あなたが時間とお金を自己投資し本気の決断とその継続…

  3. ゴール

    たくさんのゴールを持ってはいけない

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「たくさんのゴ…

  4. ゴール

    ゴールの数だけ失望と落胆の数は増える

    あなたの本当にやりたいゴールが見つかり、エフィカシーが高まっていくと…

  5. ゴール

    それがあなたのゴールであれば実現される

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「それがあなた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. コーチング

    コーチングスキルの大きな罠
  2. エフィカシー

    エフィカシーと言うコンセプト一つで世の中が変わる原動力になる
  3. コンフォートゾーン

    スキルやノウハウコレクターになってしまう3つの大きな理由〈パート1〉
  4. お金と時間の自己投資

    労働者になっても労働者マインドには陥らない
  5. コーチングビジネス

    この3つの視点からビジネスの差別化を創造できる成功回路が生まれる
PAGE TOP