コーチングビジネス

あなたは稼げていないのにプライドが高くありませんか?




またまた挑発的なテーマでブログを書いてと思われるかもしれませんが、

実際に稼げていないコーチの中でプライドが高い人は多いです。

プライドが高いとはどういうことでしょうか?

ソクラテスの無知の知という言葉がありますが、

その言葉が大切であると理解していても自分が無知であることに気づいていないことがプライドが高いと言うことです。

ではなぜ自分が無知であることに気づかないのでしょうか?

それは多額の自己投資をして最新の認知科学式コーチング理論を学んでおりこれで全てが可能になると信じたいからです

ただしこのように思っている時点であなたはすでにコンフォートゾーンの中で自分にとって都合の良いように考えていることを忘れてはいけません。

多額の自己投資をしているから認知科学式コーチング以外で他に重要な学びは無いのですか?

最新の認知科学式コーチング理論を学んでいるからそれ以外に重要な学びは無いのですか?

それ以外に重要な学びはあるに決まっていると思っていても、それを実際に学んでいない時点で無知の知という言葉の大切さを理解していないことと同じです。

その結果他人からあなたはプライドが高いと言われても仕方がないことなのです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プライドが高い人の特徴

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

では自分が無知であることに気づいておらずプライドが高くなっている人の特徴をビジネスの視点から見ていきましょう

何度も繰り返している通りビジネスは

マインドセット

商品

ビジネスプラン

マーケティング

セールス

から構成されます。

無知に気づいておらずプライドが高い人の特徴は、

一つ目

マインドセット

認知科学式コーチング理論を活用しながら現状の外側のゴールを持ってエフィカシーを高めようと頑張っているが、

ビジネスにおける明確な売上目標がないまま、仮にあったとしても非常に曖昧なものになっており数字に対する執着心が欠けている。

ただしこのままやっていけばいずれかはクライアントと契約できるとセルフトークをしながら自分を励まし希望的観測で終わっている。

二つ目

商品

学んだばかりの最新の認知科学式コーチング理論の知識やスキルをクライアントも興味や関心があるはずだと思い込んでおりクライアントの本当の悩みへの関心度合いが低くなっている。

だからブログ発信の内容も

現状の外側のゴールとは何か?

エフィカシーとは何か?

コンフォートゾーンとは何か?

スコトーマとは何か?

RASとは何か?

といった単なる解説版になっている傾向が強い。

三つ目

ビジネスプラン、

年収一千万円を稼ぐ目標を持ってはいるが年収一千万円稼ぐために必要なことが日々の行動に落とし込めていない。

例えば年収一千円を稼ぐために月にどれぐらいのメルマガ登録者や体験セッション者が必要になってくるのか明記に理解していないし考えようともしていない。

その結果毎日やるべき情報発信も淡々とこなす作業になってしまい集客することに対して熱意が欠けてしまっている。

四つ目

マーケティング、

周囲のコーチを真似て無料ブログやSNSのキラキラ投稿に精を出しているがランディングページやステップメールを持っておらず中途半端なままに終わっている

いずれかはランディングページやステップメールを作らないといけないと思ってはいるがどのように作れば良いか分からないのでそのまま放置した状態になっている。

五つ目

セールス、

セールスは禁じられているためセールスの概念さえない。

セールスが不必要で売れるのはセールスが不必要になるまでセールスしてきたから或いは高度なマーケティング技術を利用しているからセールスが不要になったことを理解せず偉い人の言葉を鵜呑みにしてしまっている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビジネスの原理原則

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プライドが高いコーチの方に無知であることに気づいてもらうため本来あるべきビジネスのあり方をお伝えしています。

一つ目

マインドセット、

四六時中寝ても覚めても明確な売上目標

が頭から離れず、

それを達成するための重要な指標であるランディングページへのアクセス数やメルマガ登録者の数に最新の注意を払っており、

達成方法を無意識レベルまで落とし込むまで考えている。

二つ目

商品、

クライアントの悩みを解決しクライアントに未来のゴール達成に確信を持ってもらうことがコーチの役割であることを理解し尚且つ実践しており、

時にはクライアントのお手本となるため見本を見せたり、時にはクライアントが困っていることを電光石火で解決したり

メリハリのついたサービスを提供している。

三つ目

ビジネスプラン、

年間売上目標

半期売上目標

四半期売上目標

月間売上目標

が非常に明確になっており常に数字が頭から離れない状態になっている。

そしてそのために必要な体験セッション者数やメルマガ登録者数も適切な期間で管理されており達成されなければすぐにその挽回策を考えている。

四つ目

マーケティング、

ワードプレスのホームページで毎日ブログを一定量アップし続けることが継続的に安定的に売上が伸ばせる方法だと理解し尚且つ実践しており、

一日の情報発信量を決めておりどんな状態であろうともそれを達成することを第一優先となって日々の活動に取り組んでいる。

五つ目

セールス、

クライアントの未来のゴールを達成するためには現状のコンフォートゾーンから

抜け出してもらうことか一番大切であることを熟知しており最高のゴールを描いてもらいながら現状に留まらない決断を促している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

如何だったでしょうか?

自分に当てはまった内容はあったでしょうか?

当てはまった内容もあれば当てはまらなかった内容もあったかもしれません。

ただしビジネスは掛け算なので一つでも

プライドが高い人の特徴に当てはまりそれを改善しなければ、

ビジネスの仕組み自体が穴の空いたザルになってしまい継続的に安定的に売上を確保することはできないことは理解すべきです。

そして自分の置かれている状況を正確に理解し稼げるビジネスの仕組みを作っていくためには既にその分野で成功しているメンターの力が必要になります。

メンターとコミニュケーションを深めることによっていかに自分が無知だったか気づくことになるでしょう。

なぜもっと早くメンターの力を借りてビジネスの仕組みを構築しなかったのかと後悔するかもしれません。

ただし後悔した時にソクラテスの言う無知の知と言う言葉の本当の大切さが分かるようになり、

その意味を深く噛み締めることができた時にあなたがコンフォートゾーンの外の世界に出ることができたということです

あなたが一刻も早くコンフォートゾーンの外の世界に出て自分が無知だったことに気づきメンターの力を借りながら穴のないビジネスの仕組みを構築できるよう心から応援しています。




なぜコーチの数がまたまだ足りないのか?前のページ

なぜあなたの機が熟さないのか?次のページ

関連記事

  1. コーチングビジネス

    認知科学式コーチングスキルを売ってはいけない

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「認知科学…

  2. コーチングビジネス

    この3つの習慣があれば成功しない

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「この3つの習…

  3. コーチングビジネス

    ビジネスで勝つ極意

    皆さんこんにちは!小倉です今回は「ビジネスで勝つ極…

  4. コーチングビジネス

    ライバルは自分という言葉に酔いしれてはいけない

    ライバルは自分という言葉は私も大好きです ただ使用する状況を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. コレクティブエフィカシー

    人類の最大の武器は分かち合う心と言葉の力
  2. コンフォートゾーン

    コンフォートゾーンが広がる絶対条件
  3. コーチングビジネス

    この3つの視点からビジネスの差別化を創造できる成功回路が生まれる
  4. ゴール

    認知科学式コーチングを学んでもゴールを達成できない人の1つの大きな特徴
  5. コーチングビジネス

    人の役にも立ちたい、でもお金も稼ぎたいコーチへ
PAGE TOP