マインドセット(本気の決断とその継続仕組み)

絶好の機会など永遠にやってこない




絶好の機会はそのうちやってくる
絶好の機会は誰かがもたらしてくれる

私はこんな考えを以前よくしていた。
全く努力していないわけではない、それなりに努力しながらこんな考えを持っていたのだ。今から考えれば大きな間違いであることに気づく。

絶好の機会はそのうちにやってくるものだろうか?
絶好の機会は誰かがもたらしてくれるものだろうか?

結論から言うと、お分かりの通り、

絶好の機会はそのうちにやってくるものではない
絶好の機会は誰かがもたらしてくれるものではない

絶好の機会は今この瞬間瞬間あなたが形作っていくもの、あなたが今この瞬間瞬間を絶好の機会に変えていくことに他ならない。

だからといって常に緊張してガチガチの状態で今この瞬間を絶好の機会に変えろと言うことではない。

リラックスして直感でこれはチャンスかなと思う時はある。そういった時は大抵ワクワクするけど怖いもの。その不安感を背負いつつ、恐れに立ち向かい、他人頼りにするのではなく、あなたの意識でガッチリ掴み取ること。これが私の言うあなたが今この瞬間瞬間を絶好の機会に変えていくことだ。

それなりに努力しているレベルでは圧倒的に何かが物足りない。

それなりに努力してるレベルでは不安を背負い、恐れに立ち向かうことができないのだ。

この不安を背負い恐れに立ち向かうためには、瞬発力が必要になる。一気にアクセルを踏み不安を背負いながら恐怖に立ち向かう強力なアクセルが必要になるのだ。

その瞬発力を培うのに一番必要なのはあなたのメンターとあなたのライバルの存在だ。この瞬発力だけは本で培えないと100%は言い切れないが、生身の人間同士のぶつかり合いがどうしても必要になってくる。

生身の人間同士のぶつかり合いであなたの瞬発力をさらに素早く強いエネルギーに転換できるのだ。

あなたがメンターやライバルを持ち、生身のぶつかり合いであなたの時間を極限まで圧縮していくその本気の強い思いがこの瞬間瞬間をかけがえのない絶好の機会に変えてくれるのだ。

人生の終盤であれが絶好の機会だったと言えるのは、それそのものが絶好の機会だったわけではなく、ただ単にその機会を絶好の機会に変えたに過ぎない。

結局、絶好の機会とは常に後付けの言葉なのだ。
あなたが本当にやりたい抽象度の高いゴールを持ち、その達成に対する臨場感を高めエフィカシーを上げていく。あなたのコンフォートゾーンがレベルアップされ、単なる機会を絶好の機会に変えるのがあなたにとって当たり前の世界となる。

あなたが天国に行く際に、
あの時が自分を変える絶好の機会だった
あの時が人生の大きな大きな転機だった
と言ってることをイメージしながら単なる機会を絶好の機会に今この瞬間から変えていけば良い。




あなたの感性を磨くとっておきの方法とは?前のページ

最低限の安心確保から心の余裕が生まれ大きな決断ができ全てが上手く絡み始める次のページ

関連記事

  1. コンフォートゾーン

    生身の人同士の触れ合いでしか人は変われない

    私はエロ投稿とは無縁なので誤解のないように!今までのブログの内容で理…

  2. マインドセット(本気の決断とその継続仕組み)

    コーチング業界の主役を目指せ

    皆さんこんにちは!小倉です。今回は、「コーチング業…

  3. マインドセット(本気の決断とその継続仕組み)

    パフォーマンスが大きく上がらない人の2つの弱点

    今回はパフォーマンスが大きく上がらない人の2つの弱点について話してみ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. コーチングビジネス

    ビジネスは面白い?
  2. コーチングビジネス

    シンプルな成功法則を複雑にしているのは誰か
  3. コーチングビジネス

    稼げるコーチの2つの特徴
  4. マインドセット(本気の決断とその継続仕組み)

    これであなたもスーパーサイヤ人に生まれ変わる
  5. コンフォートゾーン

    稼げていないコーチの頭の中はお花畑
PAGE TOP