お金と時間の自己投資

労働者になっても労働者マインドには陥らない




労働者マインドって何だろう?

簡単に言えば、時間を切り売りして一定した対価を必ず獲得するマインド。リスクを負わない分、単利の力しか働かず、複利の力は働かない。ただ自分が差し出した労働分だけ対価を必ず獲得できるので不安はない。

これは個人の選択なので他人がどうこう言うことではないが、労働者であっても労働者マインドではなく投資家マインドに切り替えていくことで人生更に豊かに面白くなるということ。ある一定のリスクを本気で取る決断とその継続が必要不可欠だが。

一般に60歳で定年退職、以降は役員にならない限り嘱託にて勤務。それ迄にフルに貯金し老後の生活資金獲得。これも悪くない、私も以前全く同じ考えを持っていた。

ただある事件が私に起こってしまったのだ。それ以降完全に労働者マインドを捨て、最高の未来を手に入れる投資家マインドに切り替える決断をした。

私の最高の未来とは100歳まで現役で世界を股にかけるプロのコーチ、講演家として活躍すること。その決断以来、60歳で定年退職、フルに貯金という発想が完全に消え失せた。聴こえは良いが、労働者マインドを投資家マインドに切り替える必要があったのだ。

私は今持っている貯金を全て家族と自分の未来へ投資する決断をしている。当然現実問題最低の安心感は必要なので、別の預金口座に使ってはいけないお金は確保している。それ以外は全て家族と自分の未来へ投資していく決断をした。

全ては最高の未来の土俵を構築する為に。

自分のブランドが立ち上がり、独自の魅力あるコンテンツを次々創出し、誰もが真似したくても真似出来ない非競争の状態を創り出し、独壇場の舞台を構築するのだ。そこで圧倒的な実力を発揮していく。その為に日々渾身の力を振り絞り自分に投資し自分の潜在パフォーマンスを極限まで高めている(内容に少し熱が入り過ぎましたご容赦を!)

失敗したら?

そこからまた人生が面白くなる、這い上がればいいだけ。中途半端なドラマはいらない、結局私は家族と自分の最高の未来を手にしたいのだ。自分の人生に一切後悔は残したくないのだ。その為に結果として労働者マインドを捨てることになった。最初は捨てるつもりなかったのだが、最高の未来を獲得する為に投資家マインドを獲得する必要性に迫られたのだ。

労働者になっても労働者マインドではなく投資家マインドの視点で物事を考えていく。そこから自分の未来を勝手に制限せず、大きく広がっていのはご理解頂けると思う。ただこれは個人の選択、他人が薦めて切り替わるものでもない。皆さん自身で選択し決断していくことだ。




完璧な準備よりも50%で見切り発車前のページ

究極のポジティブ思考は究極のネガティブ思考から生まれる次のページ

関連記事

  1. マインドセット(本気の決断とその継続仕組み)

    なぜ未来へ投資が必要なのか

    皆さんこんにちわ!小倉です。今回は「なぜ未来へ投資…

  2. お金と時間の自己投資

    時間を圧縮するには自分にご褒美をあげる考え方が必要不可欠

    朝早く起床し、ブログを書き上げ、電子書籍出版のための原稿を書き構成を…

  3. お金と時間の自己投資

    あなたが変わる時は一気呵成に変わる

    本当に変わるだろうかと少し疑心暗鬼になりながら、それでも自分を信じて…

  4. お金と時間の自己投資

    あなたは何故いつまでもお金を払い続けるのか?

    その理由はたった一つだけですそれはあなたが真剣にお金を稼ごう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. コーチングビジネス

    稼げないコーチの頭はアメリカザリガニと同じ
  2. コーチング

    最高のコーチングスキルとは
  3. コーチングビジネス

    成功法則の本質を理解しなければ成功しない
  4. コーチング

    コーチになることが目的になってはいけない
  5. コーチングビジネス

    コーチングビジネスはチーム戦
PAGE TOP